京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
卒業おめでとブラブラブラ
頭上には後光か

卒業シーズンにつきものなブラブラブラ...
世間には様々なモーションが飛び交い、まさに桜色です。

音信不通だったあの娘と袋小路でブラッと出会ったり
思春期に気にしていた「他人の目」から別れの涙がブラッと流れ落ちたり
プライドという皮を脱ぎ去りブラッと素直さを手に入れたり
またその素直さをブラッと落としてみたり
アングラロック少年をやめてブラックミュージックを聴き始めたり
おぼろ月夜に詩を詠んでブラに書き留めてみたり
永遠の唱歌「ブラブラ」をブラッと口ずさんでコブラの気持ちになってみたり

ったく、ブラブラブラブラ煩いし、ブラブラブラブラ鬱陶しいし
そのうちブラブラファンドとかブラブラ政権とか
ブラブラを利用した組織ができるのも時間の問題かもしれません。

一体いつから世間はブラブラブラとは切っても切れない縁に成り下がったのか。
でもそんな危惧や疑念とは裏腹に元々このブラブラブラという概念は
凡人にはコントロール不可能ないわば、自然の真理に根付いた
天災や生命の営みそのもののような「もののけの類」だったのです。
つまりブラブラブラこそが生命の起源であり、
また地球の歴史そのものと言っても過言ではないのです。

我々人類にとって、この時期のブラから何を連想し、また我々はこのブラという
事実を目の当たりにした今、何を始めればいいのか?
まだ手遅れで無いとすれば私たちは今からスタートするべきでしょう。
ブラブラとの共存共栄こそが我々人類に残された最後の選択肢だったのです。

ここで皆さん、特にこれから新しいスタートを切ろうという方に
エールを送りたいと思います。

「ブラとは見て楽しむことよりも創造していくことに意義がある。
 それこそがカップの原点であり、終着点である。」
                     by ワコーリ・モッコイの甥(Cカップ)


「3月から4月にかけての陽気」は人を、特にフランス人を狂わせるもんです。
ニュースの人にならないように。今月は地味に生きます。沈黙は金です。

Change your mind. God breth you.

| 1号 | イベント | 20:36 | comments(0) | - |
サマーナイトカーニバル


最近寒い。
こんな時に外を歩いていると去年参加した
「浅草サンバカーニバル」のことを思い出す。
そう言えば今年は行っていない。
そう「浅草サンバカーニバル」へ。

思い出すだけでも興奮してくる
まさに血湧き肉踊り狂うこの世の楽園。
そう「浅草サンバカーニバル」。

普段は万年床の上で煙草をくゆらすあいつも、入院中のあの娘も
芸者のお尻を追いかけまわす激醜悪徳政治家も
年に一度は兄弟になる。
それが噂の「浅草サンバカーニバル」。

化け猫も溝鼠も獣戦車も北京原人も
木の実を持ち寄って二足歩行になる。
そう、それが我々にとって肝心要の
「浅草サンバカーニバル」。

再来年行こ。
| 1号 | イベント | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
白帯ぼやき「鬼」
今日は我々の周りに巣食う悪い鬼達に豆を撃ち当て追い払うという「節分」の日。日本で古来から伝わる厄払いイベントですが、この混雑した社会を逃げ惑っている鬼たちの事を考えると何か不憫に思えてきます。

そもそも鬼は日本で悪魔のように扱われていますが
本来はそうでは無いのです。悪魔は天使と対義をなしますが
鬼は決して悪の権化では無いのです。
その昔、赤子が川に溺れているのを助けた鬼もいれば
若夫婦に見放された老人の介護をかってでた鬼もいるとかいないとか。
雌というか女の鬼だっているし、子供の鬼もいます。
つまり鬼は鬼を育て上げる愛と強さを持ち合わせているんです。
鬼とは元来いい奴なんでしょう、きっと(鬼性善説より)。

鬼は顔が恐いから滅茶苦茶な損を被っているのです。
石原良純が鬼に似ているんでは無くて
鬼が石原良純に似ているんです。

昔からある鬼が出てくる諺でも鬼にとっては
ろくな意味を表すものがありません。
「心を鬼にする」「鬼の目にも涙」なんて鬼を鬼としか思っていませんし
「鬼のいぬ間に洗濯」なんて鬼を鬼とも思っていません。
一昔前の若者なんかは「ものすごい」とか言う所を「おにすげえ」とか訳のわからん事を平気で言いよります。

そんなわけで、ここで一句

「赤い顔 恥ずかしがりやの 憎い奴
 
    赤い顔 恥ずかしがりやの 憎い奴」

決まりました。寝ます。

 
| 1号 | イベント | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>