京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
オットセイの子供
オットセイの子供
オットセイの子供
オットセイの子供

と三回呼ばれたのはオットセイの子供である。

なんのことはない。
オットセイの子供に対して、オットセイの子供と
呼んだだけのこと。


坂田と書いて「ばんだ」と読む。
これは1998年に世界中を震撼させた殺人鬼
『オットセイの子供』の本名だ。
彼は本名を呼ばれることを非常に嫌い、周りの人間には
『パンダちゃん』
と呼ばしていたにも関わらず、世間が彼につけた名は
『オットセイの子供』なのである。


1964年、世界初の紙飛行機を世界一周させる
という試みをした男、彼の名は「フレードリッヒ・パントゥ」である。
紙飛行機を飛ばしては拾い、また飛ばしては拾い
という作業を繰り返して世界を一周しようとした彼は
1ヶ月でその挑戦をあきらめた。
そして地元に帰った時に町のみんなに
「おまえはまるでオットセイの子供だね」
などと言われたという。


賤ヶ岳の七本槍の一人脇坂 安治の次男である脇坂 安元が
死んだ年である1654年に、『オットセイの子供』と呼ばれる
流行病が蔓延した。
脇坂 安元もこの病で死んだ、などの噂が流れ
時の権力者である徳川家光が
「オットセイの子供ってなんだい」
と、言ったとか言わなかったとか。


西暦1000年、国宝の長保時が創建された折、
材木商の下働きであった、宋兵衛と申す男が
材木を6本いっぺんに運んだ、という逸話がある。
彼の力の源を町の人が尋ねると、彼は
「俺はオットセイの子供だからよ」
と答えたという。


旧石器時代、縄張り争いをしていた人々を
一つにまとめた男がいた。
彼は言葉を開発し、「おう、おう」
とまるどオットセイのような言葉しか話せない人々に
「お前達はまるでオットセイの子供だよ。
 とすると、俺はさしずめオットセイだね、はっはっは」
などとは言わなかったかもしれない。


オットセイの子供
オットセイの子供
オットセイの子供

と三回呼ばれたのはオットセイの子供である。

なんのことはない。
オットセイの子供に対して、オットセイの子供と
呼んだだけのこと。
| 三号 | 歴史 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
「さかな」誕生秘話


世界中の肉糞大公爵が集うパーティーにて候。

大公爵妃殿下がおっしゃった。
「さてここで問題です。
 消そうとしたら現れて
 現れたと思ったら消えているものってなーんだ?」

時を翔る少女が言った。
「カッチ、カッチ、カッチ、カッチ、カッチ…」

改造犬リブネイチャー瑤吠えた。
「ブッブー!」


全員で
「せいかいは〜
 
 『夢』!!」

照れ笑いが言う。
「合言葉は?」

「虎虎虎」

「合言葉は?」

「鷗鷗鷗」

「合言葉は?」

「シェイシェイシェイ」

「合言葉は?」

「みっつ同じやつが続くのは覚えてんねんけどな〜
 え〜っと、何やったかいな〜
 りんだりんだ… え〜っと、きょんきょん…
 ん〜ん、
 やっぱわかりまへんわ。

菱赱っ!

照れ笑いが言う。
「お前はよもやの勘違いをしておる。」

頭に血が上り毛穴という毛穴から湯気が立ち込める。


これが世に言う「さかな」だ。
「さかな」を愛する者。
それが「海賊」だ。
海賊は皆悪い奴ばかりじゃない?
そんな事どうでも良くって。
善と悪。それはいつもどちらも必要で。
我々はお宝を探す行為を止めないで行こう。
「さかな」のようにえらで呼吸できたなら
皆さん、海に潜ってみよう。
何が見えるか。
「さかな」
| 1号 | 歴史 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
天才バカボン
幼少の頃テレビで天才バカボンを見ていて、
目玉のおまわりさんが知恵の輪をしていたシーンがあったのを
何となしに覚えています。
その回がどんな話しだったとかはまったく覚えてはいないんですが
知恵の輪をしていたことだけを覚えているのです。

その頃は「知恵の輪」という単語は聞いてことはあっても
「知恵の輪」が具体的にどんなもんであるとかは知らなかったので、
バカボンで私は「知恵の輪」なるものがどんなものであるかを知ったのです。

そういう風にして私は言葉を覚えてきたんだなー、と思います。

その反面バカボンにはウソもたくさん教えられて恥もたくさんかきましたが
そういう風にして、恥を覚えてきたんだなー、とも思います。

ビバ、天才バカボン。ビバ、赤塚不二夫。
それにして、はじめちゃんが生まれる前の話しは泣けます。
| 三号 | 歴史 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
先の輩、かく語りき
「さげあいのおたまでこつく
 悪い奴のあたまをこつく」
                 by ヨルダン料理の父 ハッサムJr.

「宇宙とは私の身体に基づいている
 この脇腹にあるほくろ、これが地球だ」
               by アイスランドの哲学者 ヤコビッチ

「へえ、お前はがんの手術を10回もやったのか。
 俺は100回やった。」
                 by ロシアの大男 ガンダルフ

「たまにはカラーテレビも出てきます。
 同じ確率で危ないのも出てきます。回すのはあなた、
 さて何が出るでしょうか?」
                by 60年代のくじ屋 山椒亭みん太 

「みよ、これが九州男児のアホぢからじゃ
 ズババババーンばい!
 
 ほら、家が建った」
                     by 薩摩の建築家 郷丈夫

「こないだお日様、お月様と一緒に遊んだよ。
 でもなぜかあいつらすぐに帰っちまった。
 まったく月日の経つのは早いもんだ。」
                          by 昨日の雷様

「ここは文化財が多いので爆撃しません」
                       by アメリカ人の誰か
| 1号 | 歴史 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふりかえればうそ、むきなおしてもうそ


ガキ「金持ちとか貧乏とか。勝ったとか負けたとか。
 パクったとかパクられたとか。
 結局全部お前らがやった結果なんやろ。ほなら全部嘘やで。」
老人「は?全く意味わからん。だいたい全部嘘てどういう事やねん?」
ガキ「いやだから、俺らみたいなもんの歴史なんて嘘が続いてるだけやがな。」
老人「だからどういう事やねん?」
ガキ「いや例えばなお前な、売れてる芸人と売れてない芸人とがおって
 面白い芸人とそうやない芸人がおるやろ。」
老人「はあ。」
ガキ「でもお前それは面白いから売れてるとかでもない場合もあるやろ。」
老人「う〜ん、あるかなあ。あったらなんやねん。」
ガキ「ほなその場合、お前はそいつを認めるか?」
老人「認めへんよ。でもしゃあないがな。なんか売れてる理由があんねやろ。
だいたいさっきから年上にお前てなんじゃい。」
ガキ「ほら出た。」
老人「何が出たんじゃい。」
ガキ「お前、出した。」
老人「だから何がじゃい!」
ガキ「その時点で認めてるやん。お前嘘ついてるやん。アホやん。」
老人「誰がアホやねん!だいたいそんなんで今までの分、納得いくかあボケ。」
ガキ「ほならお前、お前のDNAの一行目を見てみいや。」
老人「おう、見たわい。これがなんじゃい。あっ!?」
ガキ「そこに関西弁なんか出てこえへんやろ。」
老人「くっ、くくくっ…。」
ガキ「俺んとこにも出てこえへんわ。なんでや。嘘やからや。」
老人「くっ、くくくっ…。」
ガキ「いやだから勝ったとか負けたとかちゃうねん。敬語とかタメぐちとか、
ものまねとかものまねのものまねとかそんなんちゃう言うてんねん。」
老人「くっ、くくくっ…。こ、このワシが負けるなどとは…。」
ガキ「えっ…。」

〜つづく〜
| 1号 | 歴史 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
高杉晋作のドォ〜ンとやってみよう!
天保10年8月20日この世に生まれ落ちてはい、ドォ〜ン!
ペリー浦賀にドォ〜ン!
久坂玄瑞に誘われ松下村塾にドォ〜ン!
万延元年22歳で雅子(16歳)と結ドォ〜ン!桜田門外のドォ〜ン!
24歳で上海行きを命じられ長崎へドォ〜ン!
上海視察。帰国後、加藤有隣にドォ〜ン!
イギリス公使館を焼き討ドォ〜ン!
「西へ行く人を慕うて東行く 我が心をば神や知るらむ」
はい、ドォ〜ン!
             
脱藩し京へ向かうが桂小五郎の説得で再びドォ〜ン!
ドォ〜ン!の罪で野山獄に投じられる。
藩内で幕府支持のドォ〜ン!が勢力を強める。
俗論派から逃れるため、谷梅之助名で九州へドォ〜ン! 
俗論派、ドォ〜ン!を処刑。
遊撃隊、力士隊にドォ〜ン!を計る。
同士2000名に達してはい、ドォ〜ン!
赤間関で再びドォ〜ン!大田絵堂の合戦に勝利してドォ〜ン!
クーデター成功。藩論ドォ〜ン!される。
海軍興隆用掛となり馬関のドォ〜ン!を目指す。
坂本竜馬によるドォ〜ン!同盟成立。
小倉口の開戦。田の浦、門司をドォ〜ン!       
将軍家茂死去、慶喜ドォ〜ン!となる。             
血痰をドォ〜ン!
谷潜蔵と改名してはい、ドォ〜ン!
午前2時 死去。
大政ドォ〜ン!奉還。
「おもしろきことなき世をおもしろく」
はい、ドォ〜ン!

あっ、にこいち見な。
| 1号 | 歴史 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>