京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
健康百貨
JUGEMテーマ:健康


『丈夫さだけが取り柄だね』
そう言われて今まで育ってきたのだが
今の私の体たらくといったら何であろうか。

先日は胃炎、胃潰瘍等胃の病に悩まされ
今までこんなことになったことがないものだから
大げさに痛がり、転げ周り、のたうち回った。
最近は急に心の蔵が痛くなり、
水を飲めばマシになるからと2ℓからの水を飲んだり
目の前が急に光り輝き、視界が4分の1ぐらいになったり
頭痛で家から一歩も出なかったりと
病んでばかりいるのだが、医者に行ったのは
胃炎になった時だけである。

医者に行ったといっても診察だけで
検査は怖いので行かなかった。

それにしても人というものは
なんたら弱いものであろうか。

こんなことでは生を全うしている時間も
いくらあるかわかったものではない。

そんな後ろ向きなことばかり考えていても
暗くなるばかりで、良いことなどちっともないので
「おもろいことを考えてこましたろ」
と色々思考してみたが、ちっともおもろいことは
思いつかず、テレビを見たり、ドラムの稽古をしたり
している内に夜が更けて、
「あー、何て駄目な人間なんだ、俺は」
と暗くなってしまい、こんなことでは駄目だと
明るく、おもろいことを考えようと思ったのだが
外は真っ暗で起きていても、その内暗くなりそうだから
寝ることにした。

朝起きてみると11時になっており
「あー、こんなにも時間を無駄にしてしまった。
 俺のような惰眠を貪る屑人間はロクな死に方はしないな」
などと、朝っぱらから暗くなってしまっていたので
駄目だ駄目だ、今日こそはおもろく生きるぞ
と心に決めて、正座して考えてみた。

正座して考えてみてもちっとも面白いことは浮かばず
足が痺れるばかりであり、
「俺は何を阿呆みたいに正座しているのだろうか」
と虚しくなり、暗くなる前に
外へ出ることにした。

外は明るく、日光の光が眩しいぐらいの晴天であり
「こりゃぁ、心も晴れておもろいことが浮かぶに違いない」
とはりきって、散歩してみた。

しかし、歩けど歩けど疲れるばかりで
全くと言っていいほど面白いことは浮かばず
日光の暑さに段々腹が立ってきて
独りで「うぎゃー、ほぎゃはー」
と奇声を発してみたのだが、これではただのキチガイであり
人に不快さを与えるばかりで、ちっとも面白くない。

とりあえず、暑いので喫茶店に入り
アイスコーヒーを頼んで、なるべくうまそうな顔で
飲みながら、喫煙などをして心を落ち着けた。

喫煙しながら他の客席を見回していると
2人合わせて180kgはありそうなカップルが
喧嘩をしていた。

「あんた、私のパフェ何勝手に食べてんの?
 あんたみたいな卑しい男とはつきあってられへんわ」
とパフェのことで激怒している自分の卑しさを棚に上げて
女は説教していた。すると男は
「俺が金を払うんやから、俺にも食う権利はあるんじゃ。この豚が」
「あんたの方が豚やろ、豚」
「何言うてんねん、お前の方が豚じゃ。その証拠にパフェに必死になってるやろ。」
と豚問答が繰り広げられ、もっとおもろいことになると
期待していた私の期待は裏切られ、実につまらない結論に
がっかりしていると
「あんた、何見てんのよ」
「なんや、アイツ俺らのこと見てんのか。おい、見世物ちゃうぞ。
 向こう向いとけ、豚」
と豚が口癖になった男にイチャモンまでつけられる始末で
私は「ブヒ、ブヒ」と言いながら喫茶店を後にした。

こんな暑い中を歩いてられないので、
全力疾走で走り帰宅すると、家の扉の前に見慣れる男が立っていた。
「失礼ですが、どなた様で?」
と問いかけると男は驚いた表情で、猛ダッシュで逃げていった。
何だったのだろうか?と家のドアノブに手をかけると
ドアノブはヌルヌルになっていた。
ローションのごときものがベッタリついていたのである。
気持ち悪いことこの上なく、非常に憂鬱で暗い気持ちで
家の中で落ち込んでいた。

するとピーンポーンとインターホンの音がなった。
宅急便であった。中を開けてみると松坂牛のステーキセットだった。
「これを食うたら、満足感できっと幸福な気持ちになり
 その勢いでおもろいことも浮かぶに違いない」
肉を焼いて食うた。
滅茶苦茶うまかった。満足していると
届け先間違いで、宅急便の人がとりに来た。
こんなベタな展開になってしまい、それだけでもブルーなのに
その上色々ゴチャゴチャもめて、結局弁償させられた。

どうしても暗くなる自分の運命を呪い
出鱈目の念仏を唱えて、屁をこいてねた。
| 三号 | 美食倶楽部 | 13:26 | comments(0) | - |
行列のできる
さっきから俺の後ろにいる奴

非常にうるさい

何を独りでブツブツ言っているのか
正直気になるので
耳を澄ましてみる

や、ややや
何やら金がもうかった、儲かった
と景気のよい話をしている

俺は泣いた
三時間と十分ぐらい泣いた
俺は金がない
でも後ろの奴は儲かったという
俺の金が後ろに流れたのだ

俺は嘆いた
嘆息した、嘆息してから呼吸した

スー、ハー、スススー、ハー

気付いたら山の上
滅茶苦茶だよ、いきなりだよ
脈絡ないよって、誰に向かって言ってるんだい
俺は山の上でスー、ハーしてるんだよ

でっかいネエちゃんといっしょに
足跡を残さぬように慎重に山登り
登山家がびっくりして、地蔵になるのを横目に
ファッショナブルな若者の悪口で盛り上がる
盛り上がっている所申し訳ありませんが
もう頂上ですよ

ロープウェイで下山

虚しいよね、何か虚しいよね
ロープウェイで下山は虚しいよね

俺の後ろの奴は全身がブランド物
ルイ・ヴィトン製の鼻毛抜き機を持っている
という噂まである

俺は泣いたね
俺の金で鼻毛抜き機を買ったのだと思うと
泣けてきたんだよね
俺はでっかいネエちゃんの膝枕で
三日三晩泣いた
でっかいネエちゃんは俺が泣いている間
すごく暇だからってアコーディオンを買って
稽古をしていた
稽古の成果もあり、でっかいネエちゃんは
アコーディオンの黒帯になった

俺はというと川魚を手で捕まえる練習をした
二週間程練習したけど、まったく身に付かなかった
金がないし、自給自足もできない
俺に死ねというのか

後ろの奴はフランス料理のフルコースを食べていた
しかもほとんど残してやがる
なんかぶつぶつ言っているのでよく聞いてみると
あんまり腹が減ってなかったんだよね〜

なめてるのか、殺す
俺の金で腹が減っていない時にフランス料理の
フルコースを普通食うか?

俺の前の奴

非常にうるさい

何を独りでブツブツ言っているのか
正直気になるので
耳を澄ましてみる

なんだか運が向いてきた、俺の時代
とか何とか言っている

俺は泣いたね
俺の運が前に流れたのだろうからね
だってそうだろう、運が下降している俺
運が上昇している前の奴

金のある後ろの奴、運のある前の奴
何もない俺
| 三号 | 美食倶楽部 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
ウスターソース
ウスターソース。

食卓にあるのが当たり前のウスターソース。
塩、醤油、ウスターソース、爪楊枝。
どこの台所にでもあるこの4点。
不動の地位を築いて、そこから転落することなど考えもしなかった。

ウスターソース。

彼は未曾有の危機に晒されている。
よく考えてほしい。
今の若い人間、十代、二十代、三十代前半の人達は
あまりウスターソースを使わない。
私も学生時代6年一人暮らしをしていたが
ウスターソースを使ったことは一度もなかった。
あれ程、食卓にあるのが当たり前だったウスターソース。
彼との関係がこれ程まで希薄であるとは思わなかった。

では彼らは何故、前線に踊りでることとなったのであろうか?

それは、団塊の世代の力である。
団塊の世代の人達は非常にウスターソースを好む性質がある。
何にでもかける。大量にかける。
味がソースになってしまうじゃないか?
などということは考えたこともない。

それほどまでに人間は幼少の頃に親しんだ味に依っていくのである。
しかし、食事形態が年々変わってきたことで、若い人間の舌の記憶に
ウスターソースが残らなくなってきたのだ。
それでも若い人間でウスターソースを使う者は
幼少の頃に団塊の世代と同じ食事形式をとってしまった者なのである。

確実にウスターソースの需要は落ちていくのではないだろうか
と私は予想している。
何故ならば団塊の世代が年をとれば、食事制限等で調味料が制限されるし
さらに年をとれば亡くなっていくのである。

きっとウスターソース業界の人達はそんなことには
とっくに気付いているに違いないが、
敢えてここで警告を促そう。

ウスターソース。君の未来は真っ黒だ。
| 三号 | 美食倶楽部 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
甘でsweetな思ひ出
ジュルジュルジューッッッツーッパー

うめえなーこれは。
これが完熟やねんな、こんなん食ったことないわ。

ジュルッパッパー、ほんまうまい。汁が垂れてしゃあないわ。
ほんまたまらんなー天然ものは

ジュルジュージューッパッパー
あかんわ、こんなん食ったらもうほんまあかんわ。
幸せ

ジューシージューシーデリシャスデリシャシュ
ほんまスーパーに売ってんのとてんで甘みがちゃうっちゅうねん。
もうあんなん二度と食われへん、食うてられへん。

ジュージュボボボズーーーー
これはもう何やろ、めっちゃ美味いとかちゃうしな
なんか美味いていう言葉しかしらん自分が情けないわ
とりあえずこの場は逆に美味いていう言葉でカンニンしてくれ

ジュスジューーーーーーゴボッ
うーん、そやな、ここは逆に美味いでいこ。
ほんで感謝しよ。
ありがとう。誰に言うてんねんやろ、
でもありがとうほんま。

オエーーーーッ!!





| 1号 | 美食倶楽部 | 04:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
主水、エスカルゴを食べる


エスカルゴ
―マイマイ科のカタツムリ。ヨーロッパの原産で、フランス料理に用いる。食用カタツムリ―
マイマイ科というのがまず気色の悪い響きだが今時カタツムリを食べたからと言って驚く日本人はいない。
しかし江戸時代では当然かなり珍しい事だった。
これは知られざる事実だが当時外国の食文化事情に精通していた万屋の荒木伴天という男がエスカルゴの存在を知りもちろんさっそく食べたくなった。梅雨時に庭のカタツムリを捕まえ来て鍋で味付けしながら煮込む事一時間。茹で上がったカタツムリ三匹を皿の上に盛り付け名づけて「お江戸エスカルゴスリー」を昼飯に食した。なかなかの美味で気分もよくなったのかその後、昼寝をしたらそのまま起きて来なかった、という話がある。とにかくえげつなくも頓馬なエピソードだが実は江戸時代にカタツムリを食した男がもう一人いる。かの有名な奇跡の凡人、中村主水その人である。カタツムリをエスカルゴだと思い込まされ食した後、伴天同様昼寝に陥るが「おネエちゃんと戯れる」という幸せでお気楽な夢を見てケロッと目覚めては悔しそうな表情をしてみせたのである。
長寿の秘訣は考え過ぎない事ですね。
| 1号 | 美食倶楽部 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
すっきりさわやか生命の味
ヒューン、ヒューン、ドカーン。

シュッ、シュッ、バキッ。

ドカーン、ドン、ドン、ビリビリッ。

ピュルルーン、ゴシュッ、カッ・・・ドカーン、カーン、カーン、カーン・・・。

舞台は東南アジア。
火花散る戦地では、目の前に同僚達の死体が転がっている。

ジャングルの中を逃げても逃げても追手の銃弾がすぐ脇をかすめていく。

ここはどこかわからない。どこでもいい。
また隣で同僚が倒れ、一人となった。

逃げる逃げる。まさに命からがらだ。
生きた心地などしない。

逃げ場がなくなった時、目の前に洞窟が。
あそこに隠れろっ。

小走りで洞窟の中へ。洞窟には誰もいない。
どんどん奥へ。どうやら追手は入ってこないようだ。

暗闇に中を確認する為、火を灯す。
灯りに安心が見える。

その灯りの先には、コップに入った白い液体が。

喉の渇きは限界を超え、一気に液体を飲み干す。

「これだぜ!」

やっぱりこの味、牛乳。
| 2号 | 美食倶楽部 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
桂サンミー


チャチャンチャンチャン♪

「美味しいやろ、これ。ほんま、たま〜に食べたくなるのよ、これ。」
「そんな美味いっすか、これ?どう美味いんすか?」
「何ていうか〜、そのチープな感じっていうの?毎日健康食を食べてたら
 たまにはこういうチープな感じがたまらんのよ。」
「そうっすか?でもこれクリームが半分しか入ってないし、
 チョコも実はちょっとしかないし、
 なんかチープにも程があるっちゅうか何ちゅうか。」
「何ていうか〜、そこが良いのよ〜。ほらアレやわ!
 何ていうか〜、海外旅行行ってて久しぶりに何ていうか、
 自分の部屋に帰って来たって感じ!」
「さっきから、何て言うか〜多いっすよ。」 
「最近物忘れがヒドイのよ〜。ハハハハ。」
「えっ、いつからですか?」
「はっ、何が?」

チャチャンチャンチャン♪
| 1号 | 美食倶楽部 | 01:08 | comments(1) | trackbacks(1) |
カール
長嶋茂雄がオリンピックで叫びました。
「カール!カール!ヘイ、カール!」
カール・ルイスに・・・。

と、そのカールではなく、お菓子の「カール」。

久しぶりに食べました。夕食として。
美味しいですね、これは。
子供の頃から好きでしたが、皆は
「歯につくからちょっとね」
「ポテチのほうがいいよね」
的バッシングを浴びせていました。

しかし、だ。
王道「うすあじ」はうまいだろう?万人が「うまい」というはずだ。
あの海原雄山も家では隠れて激食して、「士郎、やるな」とニタリと笑っているはずなのだ。
もちろん他の味もうまいのだが、最大のスパイスは「カールおじさん」だろう。あの素朴な顔で見つめられたら、心のクサクサはどこかへ消え、純粋な子供の気持ちに戻ってしまうのだ。
違うかい、ジョニー?

というわけで「カール」に感動してしまいました。
それにしても「カール」て。簡単。
| 2号 | 美食倶楽部 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(1) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>