京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
情念の炎
JUGEMテーマ:恋愛/結婚


彼女に問うた。
「相談を受けていた女性が『今夜は帰らないで』と引き留めるとする。女性の相談内容は、大人の女性がはまりがちであろう人間の根幹に関わる話であり、女性は大粒の涙を流し、私の腕にすがりついている。私はどうすべきであろうか」

彼女は答えた。
「帰ってこい」と。

さらに彼女に問うた。
「私が帰らなければならないと答えると、暗闇を蠢く蟲のように身をよじりながら『今、独りにされると何をしてしまうかわからないわ』と半狂乱になりつつある。もしかすると、悲劇を選択するかもしれない。私はどうすべきであろうか」

彼女は答えた。
「帰ってこい」と。

再度彼女に問うた。
「時間はすでに終電時間を過ぎようとしている。私はどうすべきであろうか」

彼女は答えた。
「帰ってこい」と。
そして
「『何をしてしまうか』なんてやることは一つ。『悲劇』は私にとっての悲劇だろう」と。



女性には女性にしかわからない、機微心情があるようだ。
確信めいてすらあるようだ。
彼女の眼は据わっており、何か遠くの、現実にはない、何かを見ているようだった。


最後に、彼女に問うた。
「私はずぶぬれの野良猫を抱いて帰ってしまうようなとてもとても心優しい人間なので、とても女性を見捨てることはできないだろう。しかし安心召されよ。私は女性を台風にさらされた稲、いやカボチャと思うこととすれば万事問題ないと考えるが、いかがであろうか」

最後に彼女は答えた。
「どうせ前の女かなんかやろから帰ってこい言うとんねん。眠たいこと言うとったら、シバキあげるぞ、このカス」と。



透明で冷涼ながらんとした部屋の中で、私の頭には北欧名物「フィヨルド」という言葉が浮かんだ。

透明で冷涼ながらんとして部屋には、今は亡きロニー・ジェームズ・ディオ率いるDioのアルバム「情念の炎〜Holy Diver」が流れていた。
ディオ御大のパワフルで情熱的かつエキセントリックな歌声は、その場の空気にまったく調和していなかった。



次の日の朝、じんましんが出た。

| 2号 | 恋愛 | 10:43 | comments(1) | - |
デート成功術その1
よくある質問Q&A

Q.その
女の子と出かけた時に
「ここに前の彼女を埋めたんだよ、フフ」
てなことを言うと、
たいていの女の子は青い顔をして三十分以内には帰ってしまう
のですが、どうすれば良いでしょうか?

A.まず、女の子が帰ってしまう理由を考えないとね。
それは一言で言うと、いろんな意味で気色が悪い奴と思われてしまうからだ。

しかし、このセリフをどうしても言いたくなった場合
どうすれば良いだろうか?
こんなことを言いたくなるような奴にデートをする資格はないのか?
そんなことはないはずだ。

それには、まず適当に作家の名前を考えることから始めよう。
ドイツ人作家「イッヒモンデルデカチッチ」とかでよい。
そいつの作品「乳揉」の中で言っていたセリフでこういうのがある、
『「ここに前の〜、フフ」このシーンがさー…。』
とかなんとか言えばなかなか自然な感じになるんじゃないかな。

それによって会話はスムーズになり、
言いたいことも言うことができ、すっきりしたことにより
この後のデートは成功間違いなしとなるのである。
おーっと、いきなり解決しちゃったね。

Q.その
いきなり
「おんどりゃああぁー」
などと奇声を発した場合は女の子は即座にして帰ってしまう
のですが、どうすれば女の子を帰さずに奇声を発することが
できるのでしょうか?

A.これは奇声を発したことが突然であるから女の子は
驚いたり、気色悪がったりするのであり、
そこに奇声を発する理由があるとないとでは状況は大いに変わってくる
のではないか、と僕は思うなぁ。

例えば、楽しく歩きながら談話している時に石に躓いたとする、
その時に
「おんどりゃああぁぁ」
と言っても、ある程度必然の流れとなり
『この人は怒りっぽいのね。石にまで怒っちゃって、かわいい』
と、思われるだけですむのである。

そうなったらこっちのもので、
その後のデートはかわいいと思われた俺は
いいことずくめ間違いなしに違いないのである。
まさにウハウハです。

Q.その
無意味に土下座するのがあまり良くはないことは
わかってはいるのですが、職業病でどうしても
土下座をしたい発作に襲われます。
こんな私を助けて下さい。

A.またまた難しい質問だね。
なんせ無意味だから女の子も状況に戸惑ってしまうよね。
「浮気してごめんなさい」
などと、付き合ってもいないのに言ってしまっては、
気味悪がられて後ずさりしながら、帰ってしまうだろうしね。

では、どうすれば土下座ができるのであろうか?
それにはまず、家の鍵サイズの物を落とすのだ。
そしてトカゲのように這いつくばって鍵を探すフリをして、
一瞬だけ土下座の姿勢になり小声で
「ごめんなさい」
と言うことによって無事に土下座が完了する
という方法があるよね。

こうなれば土下座をした後なので、
これ以上恥ずかしかる物は何もない訳だし、
この後はなんでもやりたい放題となり、きっと
「積極的で素敵」
などと言われること間違いないでしょう。


今日のデート成功術はここまで。
またお便りがあれば、第2回をやります。
| 三号 | 恋愛 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(2) |
振り向くことなかれ、振り向けば君は
人間の「予想」ほどアテにならないものはない。

予想は推測、類推の域を出ないものであり、その結果を過度に期待してしまうと、重く苦しい落胆という名の暗闇に叩き落とされてしまうのである。
だから決して深入りするものではない、と私は常日頃考えている。

だが、その「博打性」にタダナラヌ魅力を感じてしまうのも、男の性、いやロマンとでも言おうか、仕方のないところでもある。

今日も「誇り高き憂国の志士である硬派な我々が崇高な一夜を共にしてもいいだろうと考える絶世の美女」を探すべく、セガール、ヘルニア、雑穀の三人はホテホテと街を練り歩いていた。
三人が認める"ほぼ架空の"美女の名前一文字を取った「麻垣康三」ならぬ
「餃田友紀」
を探すために。

セ「なかなかいませんねー」
へ「着目点を何に置くかやなあ」
セ「やっぱり後姿でしょう?」
へ「後美人は多いからな。期待せんかったらこの世はハーレムよ。」
セ「あれなんかええんちゃいます?」
へ「あかん、髪型が。女は髪型が命や。」
セ「チチでしょう!絶対!」
へ「百歩譲ってケツやな。まあスタイルは大切やな。でも髪型が・・・」
雑「違う!違うぞ!絶対にこれだ!」
セ「急に口開いた思ったらエライ熱の入りようですね。。。何なんすか?」
雑「『足先が外に開いてない娘』や!おれが人生の全てを捧げて取ってきた統計によると・・・」
へ「エライ大袈裟やな・・・」
雑「大袈裟ではないっ!おれの人生だっ!足先が外を向いている娘は顔は勿論性格もだめだ!だからこれは絶対必要条件なのである!」
セ「・・・」
へ「・・・」
セ「・・・わかりました。じゃあ『スタイルよくて髪形(ヘルニアがGOサインを出すほど)よくて、足先が内向いてる娘』を見つけて、後姿がOKなら、顔を見てみることにしましょう。それで顔がOKなら・・・ムフフです」
へ・雑「顔もいいに違いない!」

という三人内の審査基準を決めて、世の女性を後から「審査」してまわることにした。
それにしても・・・最低なヤツラである。世の女性陣はこのようなヤカラには関わらないことをお奨めする。

三時間は探しただろうか。しかし一向に「餃田友紀」は見つからない。何せ、ヘルニアの「髪型」と雑穀の「足先内向き」が揃わないのである。世の女性は全て我々からすると聖なるものではないのか、と諦めかけたその時、先斗町を凛と歩く後姿を雑穀が見つけたのである。

雑「あれや!」
へ「ほんまや、あれちゃうか!」
セ「そうすね。もうあれでいいんちゃいますか・・・」
雑「あれが『餃田』か・・・」
セ「とにかく基準は満たしてますね。ダイナマイトボディっすね。」
へ「よっしゃ見てみよ!セガール、ちょっと見てきてや」
セ「いやですよ!なんか怖いですやん!」
雑「まあまあ。おれらの『女神』やないか・・・。ここは三人で通り過ぎるフリして一斉に見てみよやないか」
セ・へ「・・・わかりました。隊長!」

三人は小言を言いながら、さりげなく、あくまでさりげなく、女性の脇を通り過ぎ、せーので振り返った。

セ「アッ!?」
へ「ナッ!?」
雑「・・・???」

その「後姿餃田友紀」は
「伊東美咲とゴリラを足して伊東美咲を引いた」
ような顔をしていた。

その三秒後にセガールの木村健悟ばりの稲妻レッグラリアートが飛び出したのはいうまでもない・・・。

人間の「予想」ほどアテにならないものはない。

だがそのアテニナラナイものに心の全てを賭けてしまう男共はなんたるかわいい生き物であることか。

| 2号 | 恋愛 | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
胸キュン!大西洋ガールズ


青い瞳のあの娘。
めずらしく日本語がわかるあの娘。
天狗が好きだって言ってたな。
母国ウェールズで発売されていた音楽雑誌に
黒装束に身を包んだ天狗が白髪を振り乱して
リッケンバッカーを掻き鳴らしている写真
が掲載されているのを見て興味を持ったとか。

彼女は幼少の頃からなんと王貞治の大ファンと言う親日家で
今回は母親と2人で観光来日したけど
母は仕事の関係で昨日、一人で帰国の途に就いたという。
残ったこの娘はあと一週間大阪に滞在するそうで。
(それにしてもさすが世界の王貞治。)


日、水と暇やから会おうと言った。

日曜日は普通にディナーに行っただけだった。
母国ウェールズなんかの他愛も無い話が妙に心地良かった。
水曜日は電気屋にデジカムを買いに付き合った。
色々迷った挙句、ウェールズカラーのグリーンを基調とした
センスゼロながら地球に優しいデザイン
のデジカムを購入している姿も何だか愛らしかった。

しかしその帰り、事件は起こった。

某ほにゃららストリートを歩いていると
季節外れ甚だしい”獅子舞”のパフォーマンスをする人がいた。
しかし季節は関係なく迫力満点の見事な舞っぷりだ。
こんなにも暑い中、これだけの動きが出来るなんてよっぽどの達人である。
この素晴らしい大道芸に当然、
隣のウェールズっ娘は大きく澄んだ青い瞳を
いつもより輝かせ興味津々の様子だ。
「アレハナニ?」と尋ねられたので
僕が「あれは顎関節症の顔デカ妖怪”赤(せき)のりお”の一人祭や。」
と答える間もなく彼女は買いたてのデジカムを回していた。

「オオイイヨ。イイヨ、イイヨ。ヨクトレテルヨ。」

獅子舞の動きに合わせて彼女も動きながら
ダイナミックかつ繊細にカメラアングルを調節していく。

すると
「OH!MY GOD!」

急に彼女が怒声を飛ばした。

「ノーン!デンチハイッテヘン!ノー!
 デンチハイッテヘンカタラウゴカヘンガナ。ッタク!
 チッ、ハヨッ!デンチアレヘンカラコウテコイ。
 オマエ、コウテコイ!ガッデム!」

道路を叩きつける勢いだ。
デジタル機器オンチの彼女に怒鳴られるがまま
僕は電池を買いにコンビニへと走った。とにかく走った。
「待ってろよ。」
走りながらなぜか彼女と出会った最初の日のことを思い出していた。
「緯度差130以上の人と話たの初めてやわ。」としゃべりかけると
笑って「ミートゥー」と言ってくれた。
こないだ一緒に夕食を食べた時、ワイングラスを持つ手が
いやにセクシーだったこともふいに思い出していた。
「待ってろよ。」
電池を購入し、すかさず同じ場所に立ち戻ると

 彼女はもういなかった。


…なぜ…

彼女も獅子舞も夏の日の幻だったのか…

…なんか風が身に沁みるな、急に秋っぽくなりやがって、こんちきしょう…

僕は片手に単一電池を握り締めその場を立ち去ろうとした時ふと気付いた。
あれ?幻じゃない。まだ獅子舞おる。あっ!
次の瞬間、獅子舞の中から人が出てきた。
もしやっ!と思い目を凝らすと
出てきたのは見た目二十歳そこそこの
トリニダードトバゴ人の女性だった。
「ワタシ、"アニータ"トイイマス、トリニダードトバゴカラ
 ヤテキマシタ。ヨロシクドーゾ。」

その日の夜、僕は"アニータ"をディナーに誘った。

| 1号 | 恋愛 | 05:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケチックスの恋


惚れた腫れたが関の山。

「たまにはレストランにディナーにでも行こうか。
 でも金は無いんやけどね。」

おごれっていうわけじゃないけど
おごってもらう気持ちと
ディナーに行って君の喜ぶ顔が見たいという気持ちでは
君の喜ぶ顔が見たいという気持ちが強いわけで。

でも君が素晴らしい女性ならば素晴らしい女性であるほど

「レストランにディナーに行こう
でも金が無い。」

と僕が言うと

「最低。」

と言ってくれる。

男女ってムズいね。
背中がかゆいね。明日は晴れだね。ストリームって嵐だね。
鮫の子供って高いね。紅白って見ないね。武蔵丸って強いね。
ソロモンて謎だね。学び舎の廊下って電気点いてないのが情緒あっていいね。
襟裳の春は何も無いから頑張ったね。あんたが大将だね。お久しぶりね。
どうにもとまらないね。
スイム!スイム!スイム!
| 1号 | 恋愛 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
緑と私
「今年もそろそろ藻揉みのシーズンだな。いつ出掛ける?」
春が来ていつものように緑から誘われた。緑は私の甥だ。
「じゃあ明後日、場所は湘南だな。」
20年前からいつも決まったセリフだ。なぜなら最近のカップルによくあるデートコースのパターンを私は知らないからだ。

三月二日。絶好の藻日和に恵まれたここ小田原の朝は雷雨だった。
緑は背広だがずぶ濡れだ。私はこれまで生きてきた中で3番目にこもった声で
「もう、ほんま堪忍やでえ〜。」
と慣れない関西弁を使い緑の機嫌を伺った。
が、緑は笑わなかった。しかし私には彼の手首にある2時を指した時計のタトゥーが止まって見えた。昨日より成長している。


「あねさん!あねさん!本組の鉄砲玉に竜二が殺られました。築地の事務所は壊滅的です。ここも時間の問題ですぜ。さあ、早く。下にタクシー用意しておきました。」
「ばかやろう!あんたら亡くなった親分の言葉を忘れたんかい。藪をつついて狸に化けろ。夢は泡なり。ほら、障子の裂目を覗いてみな。もうここを嗅ぎつけられた。せやさかい、出発の支度や。」

姐さんが車に飛び乗ると当時タクシーの運転手だった私は行き先は告げられていたのですぐにギアをトップに入れた。
「あんた荒い運転するんじゃないよ。こんな風体だけどこれでももうすぐ母親になるんだから。」
彼女はドスのきいたハスキーな声を発した。が、語尾の優しげな感じはなぜかノスタルジックだった。私がルームミラー越しに見たのは女の膨れた腹だった。そのお腹の中の赤ちゃんが緑だった事はこの時はまだ知らない。
しばらく海沿いを走った後
「この辺だね。ありがと。本組を撒くなんてあんたも大した腕だよ。
…じゃあね、おにいちゃん。」
えっ?
振り返ると彼女は本組に取り押さえられていた。
もうなんかすっごいブサイクだ。

それから18年後―私は緑と再会し、(再会と言っていいのだろうか)
全てを聞いた。
本組に育てられた事。
アメリカンスクールに通った事。
同級生の伊沢と一緒に喜劇部に入った事。
整形したけどほくろが増えた事。
サイパンで死にかけた事。
相当まいっていた事。
生みの母親の事。
竜二じゃなくて龍二だった事…

藻揉みはそんな緑が唯一心を開き黄緑になれる行楽かも知れない。
「俺は何色にも染まらない。」
私は緑のそんなギャグを聞きたい、ただそれだけかも知れない。
不純な動機でもこれでいいとさえ思っている。
緑と私。いつまでも甥と叔父。
いつまでもそんな関係でいれたらと思います。             
              
                 END


| 1号 | 恋愛 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛を語る
人間にとって、愛は絶対的につきまとうものである。
そして人間にとって、金も絶対的につきまとうものである。

昔は金のある奴はモテた
というか金のない奴は女を選ぶ権利なんてなかった。

しかし、今どきそういうことはないでしょう
なんて一瞬は考えるが、やっぱり
「経済的に苦しくて離婚」
なんて見たり聞いたりしても、
ふぅーん
としか思わないから
やっぱり金は必要で、金がないよりは金があるほうが良いに決まってくるのである。

「お金じゃ買えないものがある」

なんて言う人がいるが、
お金で買える物の方がはるかに多いに決まっていて
生きていくのに必要な物のほぼすべてがお金で買える物だったりするものだから、金のないイイ男よりも、金のあるイイ男の方がモテてしまうのは必然である。

でも金がないのにモテる奴もいるぜ

なんてな意見を言う輩もいたりもするのだけど、
そんななのは若い間の話で、先にも言ったように
「経済的に苦しくて離婚」
なんてことがあるように、金がなくては
最終的には愛も買えないようにできているのだ。

しかしながら、これは金のまったくない奴と、金のとってもある奴を比べた極端な例であるので
現実にはそんなに個人の貧富の差なんてものはないから、やっぱりモテる奴がモテてしまい、世間は一応、

愛は金に勝った

みたいなことを言ってみる。

でもでも、本当は愛は愛で、金は金であり並べて考えるようなものでないのであって

つまり言うと、馬鹿馬鹿しい比較をしていけないということである。
| 三号 | 恋愛 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>