京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
定軍山に往く

↑この画像は4年前の正月にありえない大往生を遂げた
ヘルミッショナルズ史上最暗最凶ドラマー「田々美沢真吾」の墓である。

彼独特のわがままな遺言どおりに中国は定軍山に建てられたこの墓は
彼の人生を表すように孤独に佇んでいる。
周りは一面の緑。
この美しい風景を壊すかのように愛想の無い石がただ置いてある。


彼が亡くなってからもう4年も経つというのに
初めて墓参りに往こうと思い立ち一念発起、
私は中国に旅行することにした。

定軍山に辿り着くまでとにかく長い道のりであったが
旅も佳境を迎え、彼の墓に近づくにつれて
私の身に不思議なことが降りかかり始めた。

夏候淵っぽいおっさんにこっちをジロジロ見られたり
張郃っぽい青年にものを売られそうになったり
法正っぽいおばあちゃんに嘘の道を教えられたりもした。

魏・蜀の名将達の亡霊に翻弄されるがまま
なんとか田々美沢真吾之墓に辿り着くと
墓の裏には奇妙なポスターが貼り付けられていた。


「怪傑ライオン丸」

何を隠そう彼が生前、愛して止まなかったライオン丸のポスターである。
しかもライオン丸本人のサイン入りであった。
ポスターの左下には

「真吾くんへ ミナマイソウ!!
 百獣を代表してライオン丸より」

という怪文が汚い字で殴り書かれていた。

いたずら好きの私はこのポスターを剥がすことによって
彼への供養にしようと思った。
彼もそれを望んでいると思った。

そして思いきりよくビリバリッとポスターを剥がした。

しかし、その下には彼のファンから寄せられたであろう
彼に対する罵詈雑言の数々が
墓石に所狭しと刻み込まれているのであった。
頭のクラクラした私は、たまたま持ち合わせていたスティック糊で
ポスターを貼り直す、というか
罵詈雑言を隠すことによって彼への供養とした。

見てはいけないものを見てしまった私はその後、
「すみませんでした…すみませんでした…」と
心の中で念仏を唱えながら帰国の途に着いたのは言うまでもない。


今、彼の魂はどこの空を徘徊しているのか。
長年の付き合いから察するに恐らく京阪中書島あたりではなかろうか?
この記事をお読みになって中書島近郊にお住まいの方は気をつけてください。
彼はまだ生きています。
| 1号 | ヘルミッショナルズ | 23:43 | comments(0) | - |
第一回連載「さよならの向こう側」スタート。
「ヘルモッコリーズ」内で密かにブームとなっているモノ。
それはラジオ録音、ライブ、大喜利、旅録画、罵り合い、殴り合い、
攻城戦、長電話と多岐に渡るが今回はその一端である

「連続空想小説」をWEB上でスタート。

メンバーですらその行く末は予測不能。三人の脳味噌のジャムセッションを特とご覧あれ。
ちなみに三日に一回更新予定なので最終回までお見逃し無く。


尚、ご意見ご感想、ご質問の方も
閻魔帳ならびにコメント、TBで受け付けております。
お気付きになられた事、あるいはご不明な点などございましたら
どうぞお気軽にご投稿ください。
| 1号 | ヘルミッショナルズ | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
花柄模様の脳味噌


最近悩んでいることがある。
「ヘルミッショナルズ」についてだ。


こないだ、我が家自慢の厨房でアスパラを茹でていると私の元兄貴が

「ヘルミッショナルズて言いにくくね」
と東京帰りらしく標準語イントネーションでつっかかってきた。

しかし思い当たる節もあったので
「カルマハゲ」
とティンバー語でやり返してやった。

そう言えばいつものライブでのMC、開口一番に私はこう叫ぶ。
「どうもこんばんわ、ヘルミッショナルズでーす。」

全く奇を衒わないストレートな挨拶こそギャルの心を鷲掴みにすると
半年がかりで編み出した必殺のお色気イントロダクションだが
いつも今一しっくりこない。

なぜかと自分に問い掛けてみたなら答えは只一つ

ナとルの流れが悪いのだ。
ナとル。
その横並びははまさに禁断の関係、牡丹と薔薇。
言い難い事「舘ひろし達」の如しだ。

ルの前のナが駄目なのか?
それともナの後のルがこの宇宙に存在不可能なのか?

ナとルの間に何か挟んでみてはどうか?

「ヘルミッショナムルズ」
「ザ・ヘルミッショナムルズ」

駄目だ。意味がわからない。
じゃあ、

「ヘルミッショナスズ」
「ザ・ヘルミッショナスズ」

ん?ちょっといいぞ。
じゃあ、

「ヘルミッショナックルズ」

「ザ・ヘルミッショナックルズ」

おー、いいぞ。
調子が出てきた。

「ヘルシンキナミビア」うーん

「ヘッド南京ズ」

「ヘップホップジャンパーズ」とーっ

「へそ舐める頭巾」

「へナへナ鎖のずっこけ横丁」

やっぱり駄目だ。しっくりこない。もっと真面目にやれ。

「兵隊さんと生首」 駄目だ

「ヘルミッショな関係ズ」 駄目だ

「地獄使節団団長・佐山一郎太」 誰だ?

「ヘルミッショナックルズと佐山一郎太」 お前誰や

「佐山一郎太 with ヒヨコ楽団」  わっ、メインなった 

「ヘルモッコリーズ」 うーん

「ポカスカジャン」  あ、ちゃうわ。


最近悩んでいることがある。
「ヘルシンキナミビア」についてだ…
| 1号 | ヘルミッショナルズ | 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日より新 叫喚記者倶楽部 開始
かねてよりお伝えしていた「叫喚記者倶楽部ブログ化計画」を本日実行に移しました。これにより更新頻度も上がり、私2号の負担も減りとめでたしめでたし、感謝感激雨あられ状態です。
これまでご愛顧していただいた方も、ブログにより訪ねてこられた方も、今後ともヘルミッショナルズを宜しくお願いいたします。いつにも増した「奇妙な」コラムをお届けします。
| 2号 | ヘルミッショナルズ | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>