京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ロッテV!


ほんまTV大阪に感謝します。
ロッテVブイブイ!
一昨日、昨日とロッテにとっては
不運なドラマが続いて
どうなる事かと思いましたが
レベルが拮抗している戦いというのは
結局、全てを含めた運の勝負だと思いました。
あと人間は自分さえ良かったらええ
という生き物なんだとも。
正直ロッテファンは歓喜ですが
ソフトバンクファンにとっては悲惨以上の何かです。

それにしても阪神もロッテも
元駄目球団の歴史が長い者同士が
お互い強くなってリーグ制覇し
最強の座を廻って日本シリーズで対戦て
まるで易もんハリウッド映画のようなストーリーですが
どちらも根気強く愛すべきファンに愛されている球団なので
久々に素晴らしき日本シリーズが見れそうです。
第七戦まで是非観たい。THEプロ野球。

あっ!谷啓に古谷一行や。それでは
| 1号 | 野球 | 02:19 | comments(1) | trackbacks(3) |
STOP THE 冤罪!
「桑田、ヅラ疑惑晴らす!」

今日の夕刊にそんな文字が躍った。

桑田とは、いわずもがな球界の盟主、読売ジャイアンツの元エース桑田真澄投手(36)である。

短いとはいえ、瞬間風速50mの暴風を浴びてもびくともしない、まるで岩壁にへばりついた海苔のような、まるで坊主頭をマジックで塗りつぶしたようなヘアースタイルについての疑惑は今年ピークを迎えた。

それを知った彼は、記者に髪の毛をひっぱらせたりして疑惑を晴らそうとしたが、それもうまくはいかなかった。

そこで彼は記者を一同に集め、「逆立ち」をするパフォーマンスに出たのだ。その涙ぐましい努力に記者は「ヅラ疑惑」を封印したとか、しないとか。

かつてはAV女優とのロマンス、不動産借金問題、ヤ○ザ問題、初期ファミスタでは「くわわ」と呼ばれる(ちなみに吉村は「ぽちむら」でした)、などグラウンドの外でも話題は事欠かなかった生臭坊主桑田。
そんな彼がこのニュースでほんの少し好きになった。

これだから「斜めから見る」野球ファンはやめられない。
「くわわ」に幸あれ!
| 2号 | 野球 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(1) |
オリンピックの影で
今回のオリンピックは世界的に非常に盛り上がっているようだ。
日本ではメダル大量生産ということもあり、その盛り上がりは尋常ではなく、夜遅くになることが多いテレビ中継も軒並み高視聴率をマークし、局側が驚いているほどだ。
しかしその影で行われた全国高校野球大会は近年まれに見る感動てんこもり、お腹一杯過ぎてもういらんわ状態だったのである。
北海道代表駒大苫小牧が優勝し、強豪揃いの今年の大会で優勝旗が初めて津軽海峡を渡り、北海道は大フィーバーというのも感動するが、1試合1試合にドラマがあった。
私は実家に帰省中、京都外大西対横浜を見ていた。下馬評は圧倒的横浜有利だった。しかし内容は京都西のエースが横浜打線を完全に封じ込み、0対0のまま延長に突入するという意外な展開だった。内容は京都西が押していた。しかし結果はたった1球の投球ミスで横浜がサヨナラ勝ちした。その瞬間エースは崩れ落ち、嗚咽まじりに号泣していた。私は・・・
私も号泣していた。親の目の前なのに。「あんたどないしたん?」という母の声も無視し、号泣した。
あの青春は二度と戻っては来ない。しかし、まだ感動できる心が自分に残っていることに少し安堵すると同時に鏡に映るこのおっさんを呪った。

とレポートするぐらい感動したんです。
| 2号 | 野球 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>