京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
蒼き狼と白き牝人
2010年公開予定の映画「権ちゃん大魔王と7人の小人」
がついにクランクインした。

権ちゃん大魔王と7人の小人がダンス大会に挑む
青春アクションドキュメントを目指すが
今回の目玉は何と言っても
ワイヤーアクションによるダンスシーンである。
斬新な動きで見るもの全てを魅了する予定だ。

冒頭でダンス大会前日に権ちゃん大魔王が肩甲骨を骨折してしまう
というシーンが既に評論家の間でも好評を得ている。
今から楽しみにお待ちいただきたい。

撮影開始から一ヶ月が経ち
周りのスタッフとのコミュニケーションも円滑になってきたある日、
照明チーム曼荼羅組の皆さんと飲みに行った。
同世代が故に陥るキン肉マンシンドロームについて熱く盛り上がった。
本日のMVPはアシュラマンの青い顔である。
かなり打ち解けたところで照明監督のシグマさんが
幼少期の不思議な体験について話してくれた。

「僕は小さい頃に親に捨てられたことがあるんよ。でもすぐに狼に拾われて
ずっと狼に育てられて、それで狼と一緒に三年過ごしたんよ。」

…引いた。

「そのあと、元の親がやっぱり迎えに来たんやけども、狼が僕を放さなくて
結局、元の親と狼が戦って、それを仲裁した八百屋の熊沢さんに助けられて
それから三年は八百屋の熊沢さんに育てられたんよ。それからまたあの時の
戦いで父親は死んだんやけど右目を失った母親が迎えに来て、
結局、熊沢さんとお母さんが再婚してまた息子になれたんよ。」

ドン引きだ。

翌日、私はシグマさんを我が映画クルーから追放した。
理由はとにかく引いたからだ。
人間、引かされるのはゴメンだ。
引かされるぐらいなら引かした方がマシだ。

私は一日でシグマさんが嫌いになった。
一日で価値観が逆転することにも驚いたが
もっと驚いたのが曼荼羅組はシグマさんがいない方が
力を発揮しているという事実だった。
これは本当に驚きだったし、新鮮でもあった。

人を見極めるなんて大それたことは凡人として不可能に近い。
しかし、何かが原因で上手くいっていない人に
いいきっかけを与えることは凡人にも出来るんだと思った。

ありがとう、シグマさん!
| 1号 | 日記 | 11:59 | comments(0) | - |
Wホルモンズ


ソロツアー
「土から這い出たらそこは天井の無い世界でした'07。」から一年…

その当時ヘルプで参加してもらっていた
「春の緑色とピンクがかった禁断の配色はダジャレ」のドラム
伊ジョン坊南無と東門街でばったり出会った。
久々に見た彼の頬はこけ落ち、髪も抜けて
まるで、その時に着ていた骸骨マークのTシャツのロゴが
そのまま飛び出してきたようなスリリングな再会であった。

つい先日、彼はもうすぐ還暦を迎えるのだが
初孫を授かったというニュースを聞いていたので
ここで会ったのも何かの縁だと思い
「離婚調停パーティー」と銘打って飲みに誘った。
仕事終わりだったので
会社の同僚であるオジー田オズボ夫さんにも同席してもらって
ホルモン屋でささやかな飲み会を開いた。

一人前9,200円の高級モツ鍋をエビス片手につつきながら
三年前のプロジェクト
「東ティモール地方のみなさん、こんにちわ。私がかの有名なサンコンJr.です。」
の思い出話で盛り上がった。
特に賞金100万円が懸かった「反復横とびのコーナー」の前半戦で
足が攣ってこけてしまった時の話はとてもハイライトで
今でも「振り振りメーソンズ」のあいだでは語り草となっている。

その間、オジー田オズボ夫は一切寄れなかったが
1人で蝙蝠のから揚げをかじりながら隣のDJに
「Crazy Train」をリクエストして、「そんなレコード持ってません」と言われていた。
結局、最後のお支払いも1人で済ませてくれた。


その夜、昔よくカヴァーした
さばまさしの「毒舌だましい袈裟固め(Album Version)」♪
と「弱者よ立ち上がれ、そしてパワーボム」とを交互に聴きまくった。
すべてが良い思い出である。いや、本当に。

もう戻れない青春に未練はないと痛感した。
まるで明日しか見えません。今だ!今を生きろ!明日のために!
| 1号 | 日記 | 20:59 | comments(0) | - |
装艶甲塊
バッグ、コンパクト、スカーフ。
ワンセグ、ルービックキューブ、イヤホン。
チャーム、キュート、ビューティ。
女性、男性、乳母車。
メガネ、グラサン、眼帯。
持つところ、支えるところ、ただのスペース。
CAUTION、EXIT、SOS。

森羅万象の息遣いを心地よく揺らす。
ガタンゴトン、ガタンゴトン。

辺りはすっかり夜で窓に反射するもう一つの世界。
こちら側の世界と似ているが何か違う。

つり革にぶら下がる蜘蛛も
人たちの沁み雀斑も消えている。

辺りはすっかり夜で窓に反射するもう一つの世界。
こちら側の世界と似ているが何か違う。

椅子の下の空き缶も
お姉ちゃんのヒールのツヤも消えている。

視線が合った。
窓越しに。
視線が逸れた。
窓越しに。

それぞれが無機質で優しくも見える。

ガタンゴトン、ガタンゴトン。
揺られ揺られて
然るべき場所に辿り着いた。

自動的にドアが開き
人類は、また新たなる一歩を踏み出した。
| 1号 | 日記 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
パニックが無い!


夜のアラタを散歩した。
樹の上に曇り空、下に草原。
あいだの樹木が生き生きと見えた。
その景色を二人で眺めたかったけど
たまたま一人だった。

好きな音楽を聴きながらだったので
急に聴覚を失うのにビビッた。
でも樹木のさざめきは聞こえず
好きな音楽だけが流れていた。

突然パニックに襲われることは
もうない。
ずっとパニックだからかも
そうじゃないかもしれない。
とにかくなくなった。

犬も人も自転車も無い。
やけに湿った空気しかない。
不安な足音も話し声も無い。
やたら好きな音楽しかない。
視力も聴覚も心も無い。
でも脳みそと心臓はある。

ベンチに腰をおろし煙草に火をつけた瞬間
かっこいい車が走りすぎた。
赤が強烈で、夜なのに暖かかった。
かっこよ過ぎて、車じゃ無かったのではと思うぐらい。

これは缶ビールという感じではなく瓶のカクテルという感じ。

そのうち月がビルで見えなくなった。

落ちていた釘で「常夏」という字を
ベンチに刻んだ。

何もかも昔の政治家たちが創った
脚本ではなかったかと思うと
暖かくなくなってクールで気持ちよくなった。

忘れ物を確認してから家へ帰った。
| 1号 | 日記 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
リースリースマインド
わざと悲しい目をして歩いた。
誰も見ていなっかたから

涙は出なかった
心は崩れかけていた、でも
まだどうなるかわからなかったから
涙は出なかった


いつも通る坂道を下る途中
辺りはすっかり夜で
電灯がやさしく少し前まで照らす。

その場に立ち止まる事なんか考えていなかったのに
足が止まった。

周りからはこの場所だけが見える。
こちらからは周りが見えない。
でも誰もいないとわかっていたから
足を止めた。

今日は襲われない。
今日は襲われない。
でも明日はわからない
やっぱり今日も襲われそうだっ!

ここが照らされている理由を考えると
それは地球の面積を人の数で積分した人たちが見えてくる。
その人たちを照らしてる光は
蛍光灯の白ではなくイメージする時の純白だ。


電灯の下で考えることじゃないとこの時初めて思った。
深い霧の中で考えることだとその次に思った。


風呂場で深い霧を創り出すのに2時間を要した。
それから湯船に浸かりじっくりと考えた。

少し癒されて
やがて朝が来た。
| 1号 | 日記 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mr.のどチンコ


炎ののどチンコ
嵐ののどチンコ
真夏ののどチンコ
ウーハーのどチンコ
サロンDEのどチンコ
駆けめぐるのどチンコ
甘いのどチンコ
褐色ののどチンコ
ひげとのどチンコ
満漢のどチンコ全席
肉糞のどチンコ大公爵
アオリのどチンコ烏賊
チップインのどチンコイーグル
の・ど・チ・ン・コ
全身のどチンコ病

ライラライラライラライラライララ
| 1号 | 日記 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイ それまでョ〜昭和80年〜


「嗚呼、無責任一代男になりたい。
  もうなってるかい。」


蒲団で寝ろ。ほう
ポマードを塗れ。せや
空を見上げろ。ふむ
リビングを茶の間と言え。言おう
シリーズを創りたい。本音か
生きがいなど簡単に語るな。そんなもんかねえ
とにかく質屋を覗け。掘り出し物があるかもなあ
前借しとくか一応。一応とか言うな
選挙は行くかわからない。それは行けよ
キャバレーで豪遊。本音か
サックスは吹ける。吹ける吹ける
七変化もでける。器用貧乏で
無音でもツイストは踊れろ。よし練習や
踊る阿呆に踊る阿呆、
同じ阿呆ならさあどっち節。もう平成やから
フザケヤガッテ フザケヤガッテ 
フザケヤガッテ コノヤロー

いっせーのっ
ポテチン
| 1号 | 日記 | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイスピード人間8823


     ササッ サササッ…ササッ
     サササッ ササッ


スピードキング:「速い!速すぎる。全く見えん。生まれてこの方
          こんなにも速いやつに私は出会った事が無い。
          完敗じゃ。こんなスピードスターがまだこの世界に
          残っておったとは…お主、お主は一体何者じゃ!?」

     ササッ サササッ…ササッ
     サササッ ササッ


ハイスピード人間:「ササッ ササッ
           私の名は…ササッ ササッ

           ササッ…私の名は8823と書いて
           ハヤブサと読む…サササッ ササッ」

 …

スピードキング:「帰ろ、みんな帰ろ。ササササッ…」
| 1号 | 日記 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
黄金の60’s四度


南の海から引き上げた、
東の空が真っ赤に染まるマル
西の大地に芽吹いた唸りネリ
北の壁にはポッカリと
真っ黒い穴がそこかしこに。

そこから紳士が出てきて一言

「奥さん、なにやら艶な液がダダ漏れですぜ。」

これが麗しの60’s。
さあ、ドライブだ。
| 1号 | 日記 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひき潮に拳を撃ちつけ涙


プルプルプルプル…
「それ引くんじゃなくて押すんだよ。」

何なんだ?この地の底から沸き上がって来るような言い知れぬマグマにも似た熱い感情。一体これは?この灼熱のマグマを人の感情に例えるなら…例えたとしたらそれは…”怒り”だ。いや”碇”かもしれない。

天文学を長年研究している私、その先達にだって辿り着けずにいる銀河の果てがあるとしたら、その反対とされているこちらも銀河の果てである。潮の満ち干きに例えるなら今正に「辿り着けずにいる銀河の果て」というのは素晴らしい桃源郷と化しているはずだ。

何なんだ?この空の彼方から落石を喰らったような衝撃。一体これは?この「衝撃というよりも尋常じゃない痛み」を人の感情に例えるなら…例えたとしたらそれは…”悲しみ”だ。いや”哀しみ”かもしれない。

プッシュプッシュプッシュプッシュ…
「だから、エッホン!それ押すんじゃなくて引くんだよ。」
| 1号 | 日記 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>