京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

<< 慣れる阿呆に死ぬ阿呆 | main | 行列のできる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
蟹野郎
アイツは年が明けてめでてぇ、めでてぇ
なんてことをさっきから50回ぐらい言ってるんだけど
何がめでたいのか俺にはさっぱりわからないんで

一体何がめでたいんだい?

なんて聞いてみたんだが
そんなことを言うと平家蟹の腹みたいな顔で睨みつけやがる

他の人に聞いてみると

それは挨拶の一種で、おはようと言っている人に
何がそんなに早いんだい?って聞いているような
もんだよ

と至極丁寧に教えてくれたので
非常に合点がいった

それにしてもアイツはなんで
俺のことをあんなに平家蟹のように睨むんだろうか?

誰が言い出したのか

おはよう、こんにちわ、さようなら、おめでとう
コングラチュレーション、ブラボー
べっぴんさん、えべっさん

俺の頭に泡がプクプクプクプク

さらば友よ、さらば明日よ、さらば昨日よ
俺は今日に生きるのさ

それにしてもアイツはなんで
俺のことをあんなに平家蟹のように睨むんだろうか?

いつの間にかアイツがいない
何処へ行ったのか聞いてみると
どえらいべっぴんと神を買収しに行ったらしい

俺はあいつを追って知らない街まで
走った走った
電車にも乗ったし、タクシーにも乗った
アイツは俺が追いつくと
俺のことを平家蟹のように睨んだ

露骨にスケベ
露出のスケベ
露天のスケベ
露見したスケベ

俺の口から泡がプクプクプク

いつの間にかアイツがいない
どえらいべっぴんに聞いてみると
餅をつきに行ったという
まったく落ち着きがないことこの上ない

仕様がないから俺は追ったよ
西に東に日が暮れるまでアイツを探した

すると小人が俺に言った
アイツは喉に餅をつまらせて死んだよ

初登場でいきなり大事なことを言うな、ボケ

でも、でも

俺はめでてぇ、めでてぇ
って50回ぐらい言った

まだ足りないから
俺はめでてぇ、めでてぇ
ってもう50回ぐらい言った

俺の全身泡になり泡沫と消える
| 三号 | 三号 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:42 | - | - |









http://hellmissional.jugem.jp/trackback/241
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>