京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

<< 行列のできる | main | 卒業おめでとブラブラブラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
牛洗い祭
新年を迎え、今年一年の豊作を祈ろうと
デヴィット県カヴァーデール村では新春恒例の「牛洗い祭」が開かれ、
江戸時代から残る伝統の儀式を見ようと県外各地から1500人の見物客が勇壮な儀式に感嘆の声を上げた。

同祭は、江戸時代中期に同村が飢饉に苦しんでいた時、伝説の神ブラックモアノミコトが牛を八つ裂きにし、一頭まるごとを食したことになぞらい祭りを始めた。以来約350年間受け継がれている伝統の祭りは、五穀豊穣、家内安全、世界平和、男尊女卑を祈って牛の尻を洗うというもの。この日も色とりどりの被り物にふんどし姿の成年男女60人が乳牛の尻を6時間かけて洗った。

クライマックスは同村の町長、伊藤棲息さん(89)が洗い終わった牛の頭を一気に切り落とす「チョッピングライトの儀」。伊藤村長が村に伝わる名刀「モッキンバード」を振り下ろすと牛の血しぶきと共に歓声がドッと湧き上がった。

伊藤村長は
「この祭りをしないことには一年が気持ちよく始まりません。一度この祭りを実施しなかった年は台風が12回襲来し、米2俵しか収穫できず村民が6分の1に減ったことがありました。私が村長になってからは確実に実施しています。来年42期目の村長選挙になりますが、多選反対の世論の逆風にも負けず再度挑戦します。殺し終わった60頭の牛は、無駄にすることなく、すべて皆で食べるなり、その辺に撒くなりしますのでご安心ください」と満足顔。

祭り終了後には、切り落とされた牛の頭を神棚に並べ、それを見ながら村民や見物客、隣村のロジャー郡グローヴァー村の人たちとバーベキューを楽しみ、親睦を深めた。

同県では、同様に五穀豊穣を祈願する祭りが多数存在。4月にはイアン郡ギラン村とペイス村が合併予定で、両村の「宝石祭」と「うんこ祭」をどのように開催するか議論が進められている。
| 2号 | エリア情報 | 02:29 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:29 | - | - |









http://hellmissional.jugem.jp/trackback/243
9CIKAdGjいやマヂでウマイわw
9CIKAdGj ないwwまじないwwwwww なんでアレだけで10マンもくれるの???ww 金持ちってスゲー( ゚д゚)ポカーン ごちそうさまでしたwww http://tomama.net/ona/9CIKAdGj/9CIKAdGj.html
| 9CIKAdGjくれくれ厨 | 2008/04/12 10:48 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>