京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

<< 卒業おめでとブラブラブラ | main | Wホルモンズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ぶしぶし探検記
今日は朝から冷汗と下痢が止まらなかったので医者に診てもらう。
「どうやらインフルエンザという江戸時代にはなかった病気にかかっておられる模様」と診断されたので、ついでに電車に乗って神戸へ向かった。

元町の薄汚れた闇市に知り合いの骨董屋があったので立ち寄る。
主人は相変わらず50%天然パーマの七三分け、かち割れた眼鏡というスタイルだったので変わらないなと一安心。
オススメの品があると眼鏡の奥の三白眼がまったくもって笑いに満ちていなかったので嫌々聞いてやると、朝5時になると泉重千代翁の喉仏が飛び出すからくり時計だというので、即購入。25万円だったが、いい買い物をしたので気持ちがいい。

三宮でいきつけでないのに誰でもいきつけだと勘違いしている主人の店で、オムライスと唐揚げ、豆腐を食べ、主人と合気道とじゃりん子チエの声優は芸人が多いという情報のコラボレートを楽しみ、タバコを吸った。

熱が一向に下がらないのをいいことに、一路京都へ。
行くところもないので寺町の着物屋へ。
帯留めを買おうと悩んでいたところ、塩田丸男を体現したような悪徳主人が近づいてきて、しょうもなさそうなかすりを勧めてきた。坂本竜馬が使っていたものではないということを45分ぐらい語り続けたので仕方なくそのかすりを38円で買った。使い道もないのでポストに入函したところ、思いのほか気持ちがよく、日頃の道路特定財源への不満の溜飲を下げたような気がした。

下痢を止めたくなったので帰ろうと思い、切符を買おうとしたが残金4円しかなく狼狽。
するとロマンスグレーの草刈正雄みたいなおっさんが近づいてきて「今日君は168万歩ぐらい歩いたから、おまえの取り分168万円な」と急に馴れ馴れしくなりながら168万円渡してきたので、思いのほか儲かる。インフルエンザも悪くない、と電車に飛び乗った。

駅に着くと、今度こそいきつけの飲み屋で一杯。
浴びるようにビールを飲みながらタバコに火をつけた。

吐き出したタバコの煙が
「ああ、もう嘘は書きたくないもんだ」
とボソリと言った。
| 2号 | ぶらり旅 | 17:13 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:13 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>