京都の異空間ロックバンド・ヘルミッショナルズがお送りする劇空間コラム。

<< その時川田は… | main | 旅がらすツアー’04「阿連は誰時」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
愛を語る
人間にとって、愛は絶対的につきまとうものである。
そして人間にとって、金も絶対的につきまとうものである。

昔は金のある奴はモテた
というか金のない奴は女を選ぶ権利なんてなかった。

しかし、今どきそういうことはないでしょう
なんて一瞬は考えるが、やっぱり
「経済的に苦しくて離婚」
なんて見たり聞いたりしても、
ふぅーん
としか思わないから
やっぱり金は必要で、金がないよりは金があるほうが良いに決まってくるのである。

「お金じゃ買えないものがある」

なんて言う人がいるが、
お金で買える物の方がはるかに多いに決まっていて
生きていくのに必要な物のほぼすべてがお金で買える物だったりするものだから、金のないイイ男よりも、金のあるイイ男の方がモテてしまうのは必然である。

でも金がないのにモテる奴もいるぜ

なんてな意見を言う輩もいたりもするのだけど、
そんななのは若い間の話で、先にも言ったように
「経済的に苦しくて離婚」
なんてことがあるように、金がなくては
最終的には愛も買えないようにできているのだ。

しかしながら、これは金のまったくない奴と、金のとってもある奴を比べた極端な例であるので
現実にはそんなに個人の貧富の差なんてものはないから、やっぱりモテる奴がモテてしまい、世間は一応、

愛は金に勝った

みたいなことを言ってみる。

でもでも、本当は愛は愛で、金は金であり並べて考えるようなものでないのであって

つまり言うと、馬鹿馬鹿しい比較をしていけないということである。
| 三号 | 恋愛 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:13 | - | - |









http://hellmissional.jugem.jp/trackback/31
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>